車買い取り査定で注意する事

車の買い取り査定の際にはいくつか注意して頂きたい点があります。

特に査定が終了し、契約する段階になった時にきちんと同意書を読む事、また、わからないことはお店のスタッフに説明してもらうようにしましょう。

まず、二重査定制度についてです。

これは、買い取り査定の時に万が一、ユーザーが自分に不利になる情報を隠しており、査定を終え、契約が終わった後々に買い取り店側がその情報に気付いた時、再び査定を行い、買い取り金額を変更できるという制度です。

この制度はどの買い取り店の同意書にも含まれている内容であり、買い取り業者が損失を出さないようにという制度なのです。

この場合、違約金が発生する可能性もありますので、ユーザーはきちんと情報を伝えておき、このような事態にならないように気を付けましょう。

また、名義変更についてもいつしてもらえるのかという事をきちんと確認しておきましょう。

万が一、名義変更を行わずにそのまま次の人に売ってしまった場合、その車が事故などのトラブルを起こすとその責任は前の持ち主にかかってきます。

その為、名義変更はなるべく早くしてもらうようにしましょう。

買い取り店にはいつ名義変更をするのか正確な日付まで提示してもらえるとユーザーとしては安心できます。

また、その内容を契約書に明記してもらうことが大切です。

時折、みられるのが買い取り後のお金がなかなか振り込まれないというトラブルです。

このようなトラブルに巻き込まれないよう、支払期日もきちんと確認しておく事が大切です。



TOP PAGE