車買い取り査定の一般的な流れ

実際に買い取り査定はどのような流れで進んでいくのでしょうか。

一般的な買い取りの流れについてご説明したいと思います。

まずは、売りたい車があれば買い取り査定の依頼をします。

この方法については別の項目でご説明した通りになります。

その後、依頼を受けて業者が査定をします。

書類は車検証や自賠責保険証で十分ですが、もしあるのであればメンテナンスの記録などもあると良いでしょう。

このような書類がある事によってある程度のメンテナンス内容が業者側に伝わります。

この時、自分の車のアピールポイントも同時に伝えておくと良いでしょう。

例えば、オプションパーツなどがこれにあたります。

また、純正パーツが保存してある場合はそれも用意しておいた方が良いでしょう。

その後査定額に納得すれば売買契約を買い取り業者と結ぶことになります。

契約書に分からない点や曖昧な部分がないかなどよく読んで契約を結ぶようにします。

また、業者から依頼された書類は必ず準備しておきましょう。

査定額というのは日にちが経つにつれ、価格が落ちていくこともあります。

しかし、書類の不備などがあると契約することができず、時間が経つと再査定ということになる可能性もあります。

無事に契約が終われば車の引き渡しとなります。

この場合、契約成立と同時に行われるのが一般的です。

契約をした日から引き渡しの時間が空いてしまうとこれも再査定の対象になります。

これら全ての手順が終われば入金となります。

車売る



TOP PAGE